教室理念

1.スポーツマンとしての挨拶・礼儀を身につける

「スポーツマン」と聞いて、何を思い浮かべますか?“爽やかで元気!”“はきはきして明るい!”など…。どれもスポーツを通して学んできた礼儀や挨拶が基盤となっているものです。グラッチャではスポーツの技術や経験だけではなく、社会に出た時に通用する人間性を学んでいって欲しいと考えています。

2.総合運動により運動神経を伸ばす

グラッチャでは総合運動を行い、様々な運動を経験することで万能な運動神経を身につけます。園児から児童の年代は一生の中で運動神経を決めるとても大切な時期です。柔軟な運動神経を身につける練習をグラッチャで学んで下さい。

3.ケガをしないカラダづくり

グラッチャでは慢性的なケガを防ぐために、多種多様な種目のスポーツに取り組みます。これにより身体の一部を酷使させないようにします。また突発的なケガを防ぐために練習の中でケガをしないための身体づくりを指導し、お子様の将来のために、ケガをしない身体づくりを行います。

4.仲間への思いやりの心を育む

スポーツを通して学ぶことの一つに「仲間ができる」ことがあります。学校や幼稚園、保育園の枠を越え、さらには年齢という枠も越え、地域全体で「仲間」をつくり、自分たちが住む町を活気ある地域にしていきます。そして、なにより、スポーツを通して人に感謝する気持ち、人を大切にする気持ちを育んでいきます。